■発泡スチロール土木工法開発機構 ■会長のことば ■EDO-EPS工法
●EPS開発機構とは
●技術的確立への研究
●研究開発組織
●組織
●会員会社
●海外技術交流
●EDO-EPS工法とは
●呼称の変更
●EDO-EPS工法の特徴
●工法としての性能要求
●EPS工法設計・施工基準書(案)の適用除外
●EPS工法設計・施工基準書(案)と会計検査
●NETIS登録
■EDO-EPSブロック ■緊結金具  
●品質管理
●製造会社と認定製品
●認定シール
●盛土材としての材料特性
●緊結金具の刻印
●緊結金具の機能
●緊結金具と応力分散
●耐震性の評価
●耐震効果の発揮
■施工実績
■EDO-EPS工法設計・施工基準書(案)の頒布
■ダウンロード

■緊結金具
 EDO-EPSブロック相互を一体化する金具です。耐蝕性対策として,アルミニウム55%,亜鉛43.4%の合金メッキ層を有するガルバリウム鋼板を使用しています。 また,海岸近傍や特殊な気象条件に対応するためにステンレス製の緊結金具もございます。なお,緊結金具は特許登録製品です。
緊結金具(手前:片爪型 奥:両爪型)緊結金具刻印(EDO-EPS)
●緊結金具の刻印
緊結金具には,EPS開発機構の認定製品であることを示すために「EDO-EPS」の刻印が打刻されています。
●緊結金具の機能
緊結金具は,ブロック相互にまたがって設置でき,かつ局部的なめり込みが生じない面構造と応力作用時にブロックの変形に追従できる複数の爪構造を有した形状を特徴としています。
さらに、面構造と爪構造の折曲部を半円形に切り抜き、ブロックへの差し込みを容易にする構造となっております。 これらの構造と機能は特許登録されております。
交通荷重などの繰返し荷重下においても変形追従性が確認されており,地震時などの過度の繰返し変形挙動に対しても複数の面的な爪構造により部材のゆるみが生じない構造となっております。
●緊結金具と応力分散
常時においてブロック集合体には上載荷重(輪荷重)が作用しますが,ブロック集合体内の応力分散については,ブロックと緊結金具の一体化構造のもとで実証実験が行なわれており,その成果(ブロック内部の分散角(20度))は基準書に反映されています。
●耐震性の評価
EDO-EPS工法は,技術導入以来26年間に亘って地震時への対応,耐震設計の体系構築をおこなって参りました。官学民の研究機関協力の下,多くの耐震実験を共同研究として行ってきました。また,EPS開発機構としても実物大規模(高さ8m)の実証実験によって高さ別の挙動や緊結金具の耐震性効果を確認しております。これらの研究業績の蓄積によってEDO-EPS工法の耐震設計が確立されました。その結果,EDO-EPSブロックを緊結金具で一体化することによりレベル2規模の地震においても安定性が確認されています。
EPS盛土模型振動実験
(建設省土木研究所)
EPS拡幅盛土振動実験
(北海道開発土木研究所)
EPS両直盛土振動実験
(EPS開発機構/熊谷組技術研究所)
●耐震効果の発揮
EDO-EPS工法の耐震性は,EDO-EPSブロック(認定ブロック)と指定の緊結金具(特許登録製品:EDO-EPS刻印有)の組合せに限ってその効果が発揮できるものです。
指定の緊結金具は,その複数爪構造と面構造によるブロック相互の連結程度,すなわち適度な一体化が,ブロック集合体に入力される加振力の増大に従ってEPS部材の内部減衰とあわせて減衰効果が増加しブロック体の安定が保たれることが確認されています。

発泡スチロール土木工法開発機構(EPS開発機構)事務局
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-40-11 ユニゾ高田馬場看山ビル
電話:03-5337-4063  ファクシミリ:03-5337-4091

Copyright(c)2008、EPS Development Organization All rights reserved
.