■発泡スチロール土木工法開発機構 ■会長のことば ■EDO-EPS工法
●EPS開発機構とは
●技術的確立への研究
●研究開発組織
●組織
●会員会社
●海外技術交流
●EDO-EPS工法とは
●呼称の変更
●EDO-EPS工法の特徴
●工法としての性能要求
●EPS工法設計・施工基準書(案)の適用除外
●EPS工法設計・施工基準書(案)と会計検査
●NETIS登録
■EDO-EPSブロック ■緊結金具  
●品質管理
●製造会社と認定製品
●認定シール
●盛土材としての材料特性
●緊結金具の刻印
●緊結金具の機能
●緊結金具と応力分散
●耐震性の評価
●耐震効果の発揮
■施工実績
■EDO-EPS工法設計・施工基準書(案)の頒布
■ダウンロード

■EDO-EPSブロック
 EPS開発機構が「EPS工法設計・施工基準書(案)」ならびに「EDO-EPS工法認定ブロック品質認定要領」に基づいて認定したEPSブロックのことです。一般に流通する保温材,断熱材,間詰材などと区別するためにEPS開発機構の英語略称であるEDOを付けてEDO-EPSブロックと呼称しており,EPS開発機構の認定シールが貼付されています。
 
EDO-EPSブロック(Dタイプ:型内発泡法)EDO-EPSブロック(DXタイプ:押出発泡法)
型内発泡法成形機押出発泡法製造機
●品質管理
 一般に,EPSブロックは,外観的にはどれも同じような形状・形態ですが,その分子構造,物性,工学的特性,耐久性などはその製造過程や原料グレードによって大きく変化いたします。品質管理が不十分だと単位体積重量や圧縮強度にバラツキが生じ,局部的な応力集中の発生要因となるため、変形が長期間進行することになります。従って,品質が十分に保証されているEDO-EPSブロックをご使用下さい。 EPS開発機構では,EDO-EPS工法認定ブロック品質認定要領を作成するとともに,全国の成形工場の品質管理状況を定期的に調査しております。
●製造会社と製品名
 EDO-EPSブロックは,表-1に挙げた6社がEDO-EPS工法で求められる性能に基づいて製造しています。

表-1 EDO-EPSブロック 製造会社と認定製品名
製造会社EDO-EPSブロック 認定製品名
アキレスアキレススチレンブロック
潟Jネカ・カネパールサービスカネパールソイルブロック・カネライトソイルブロック
鰍iSPスチロダイヤブロック
積水化成品工業エスレンブロック
太陽工業タフブロック
ダウ化工ライトフィルブロック

 なお,各社の浮力対策ブロックも認定製品です。
●認定シール
EDO-EPSブロックには、その品質、特性を保証するためにEPS開発機構の「認定シール」(縦15cm 横15cm)が貼付されていますのでご確認下さい。
 
           EDO-EPSブロック認定シール
●類似品・同等品はありません
EDO-EPSブロックの類似品,同等品という表現にご注意下さい。表-1に示した認定ブロック以外にEDO-EPSブロックはありません。
重要な社会基盤施設に適用されるEDO-EPS工法を将来に亘って工法保証するため,発泡スチロール土木工法開発機構(EPS開発機構)認定品をお使い下さい。
●盛土材としての材料特性
盛土材としてのEDO-EPSブロックに要求される項目を以下に示します。これらの試験結果および評価内容はEDO-EPS工法設計・施工基準書(案)に詳しく示されております。
・形状 ・単位体積重量  ・圧縮特性(圧縮強さ) ・クリープ特性 ・摩擦特性 ・変形係数,ポアソン比 ・動的特性 ・耐熱性 ・燃焼性 ・耐久性(耐土中微生物) ・耐薬品性 ・吸水性 ・環境に与える影響

発泡スチロール土木工法開発機構(EPS開発機構)事務局
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-40-11 ユニゾ高田馬場看山ビル
電話:03-5337-4063  ファクシミリ:03-5337-4091

Copyright(c)2008、EPS Development Organization All rights reserved
.