用水路付帯施設等耐震性能照査業務
独立行政法人 水資源機構 本社 総合技術センター
・耐震性能照査 ・レベル2地震動 ・地震時保有水平耐力法
豊川用水総合事業部の管理する用水路の付帯施設(排水工、制水弁室等)120施設と取水施設2施設の合計122施設について耐震性能照査を行い、耐震対策の必要性について判断しました。


群馬用水施設耐震照査等業務
独立行政法人 水資源機構 本社 群馬用水管理所
・耐震性能照査 ・レベル2地震動 ・動的解析 ・FEM解析(有限要素法)
近い将来予測されている大規模地震への備えとして、2次元動的非線形解析を用いた水路トンネルの耐震性能照査を行いました。 


令和元年度 村山地区ため池耐震性点検(その2)業務委託
山形県村山総合支庁産業経済部
・ため池 ・耐震補強検討 ・FEM解析 ・施工計画 ・繰返し三軸試験
ため池の耐震検討として、L2地震動に対して繰返し履歴による強度低下を考慮するニューマークD法に加え、FLIPによる動的応答解析を行った。対策後の補強効果も対策工をモデル化して確認解析を行いました。 


筑後川下流用水耐震検討等業務
独立行政法人 水資源機構 筑後川局
・耐震照査 ・立体FEM解析 ・非線形動的解析 ・取水施設 ・導水路
取水施設の耐震性能照査及び対策工の検討及び、導水路の耐震照査業務である。取水施設は堤防形状を考慮した三次元動的解析に基づき、液状化を考慮した条件で水路の耐力、目地開きの照査と、対策工の検討を行いました。 


筑後川下流用水取水施設耐震照査等業務
独立行政法人 水資源機構 筑後川局
■水門 ■排水機場 ■耐震診断 ■地盤解析 ■耐震補強
本業務は河川施設である排水機場と水門の耐震診断及び補強検討です。排水機場は構造形状から導水庭部と排水機場本体に分け,カルバート形状の導水庭部は動的FEM解析により,排水機場本体は三次元の静的FEM解析により耐震性を照査しました。排水機場本体に作用する地震時土圧は,別途実施した動的FEM解析により設定しました。また,水門については保有耐力法及び動的解析法を適用し,耐震性を照査しました。その結果よりいずれの構造物もせん断耐力が不足することが確認されたため,後施工せん断補強筋による補強の提案を行いました。
図:排水機場本体の解析結果(変形図)


愛知用水幹線水路施設等耐震照査業務
独立行政法人 水資源機構 中部支社 愛知用水総合管理所
・水路 ・耐震性能照査 ・レベル2地震動 ・動的有効応力解析 ・三次元解析
近い将来予測されている大規模地震への備えとして、延長120kmに及ぶ愛知用水幹線水路の耐震性能を把握する目的で、水路や水管橋などの主要施設に対して耐震性能照査を行いました。


平成30年度 朝霞水路2号沈沙池等耐震対策実施設計他業務
立行政法人 水資源機構 総合技術センター
・沈沙池 ・暗渠 ・動的解析 ・有効応力解析
沈砂池、連絡水渠を対象に、予測される巨大地震に対する施設の耐震性確保を目的とした耐震対策検討を行いました。各構造物に対し、縦横断の動的有効応力解析等を実施し、沈砂池躯体については液状化地盤の変形抑制対策として地盤改良を提案し、水渠については、鋼管挿入工やせん断耐力不足に対する対策工と対策工に対する施工検討を行いました。


大規模地震対策朝霞水路1号接合井外耐震補強実施設計業務
独立行政法人 水資源機構 利根導水総合事業所
・接合井 ・分水口 ・レベル2地震動 ・3次元動的有限要素法解析 ・耐震補強設計
朝霞水路施設のうち、1号接合井、2号分水工、1号分水工について、耐震照査を行うとともに耐震対策工法の検討および実施設計を行ったものです。


平成29年度 泉州地区ため池耐震検討(29-1)業務
大阪府泉州農と緑の総合事務所
・状化解析 ・非線形動的解析 ・すべり面 ・レベル2地震動 ・堤体工
大阪府泉州地区にある老朽化したため池8か所について、予測される大規模地震における、堤体の決壊、越流等に対する安全性の評価を行いました。現地調査により設定した検討断面に対し、FL法による液状化判定、ΔU法・Kh法・ニューマーク法による円弧すべりの検討、動的有効応力解析による地盤変位の検討を実施し、安全性を評価しました。